重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

提供:シンクタンク

重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

【CBC賞】宝塚記念もズバリ!波乱の重賞に隠された激走ポイント

先週の宝塚記念(G1)は、激走ポイントに挙げた《8枠》を引き当てたクロノジェネシスが完勝。馬場の外目を立ち回れる有利さを生かしました。

西の開催は、本来なら中京競馬場に移りますが、今年は京都競馬場の改修工事により引き続き阪神競馬場で行われます。

本来なら異例とも言える状況ですが、CBC賞(G3)にはとっておきの“激走ポイント”があるんです。

それは《年齢》です。過去5年の成績をご覧ください。

■3歳(0.0.0.8)
■4歳(0.0.0.5)
■5歳(4.2.2.14)
■6歳(1.2.3.24)
■7上(0.1.0.13)

興味深いことに3、4歳馬が1頭も馬券に絡んでいません。2018年には1番人気ダイメイフジが11着、昨年も3番人気アウィルアウェイが8着と人気を裏切りました。

この要因はいくつか考えられます。そもそも秋のスプリンターズS(G1)を目指すような実績がある3、4歳馬は“ハンデ戦”のCBC賞に出走してはきません。

また、梅雨の時期に行われるスプリント戦において“経験の差”も重要です。今回のように連続開催で馬場が荒れている阪神競馬場なら、なおさら注意が必要でしょう。

今年は3歳馬の出走がなく、4歳馬は高松宮記念で1位入線4着のクリノガウディーが筆頭格になります。トップハンデの58キロを跳ね除けられるか注目です。

馬券的には5歳以上の前走1着馬が【4.1.0.4】で5年連続で連対中となれば、タイセイアベニールが狙って面白そうです。

また前走2桁着順でも【0.2.1.13】と巻き返しが目立ちます。その中でも前走重賞またはOP特別で1~5番人気に支持されていた馬は【0.2.0.3】と約半数がガラリ一変しており、この条件に当てはまる昨年の勝ち馬レッドアンシェルも忘れてはいけないでしょう。

過去5年で10万馬券超えが3回も起きているCBC賞で、本当に買うべき5頭を参考にしてみてください。

<PR>
簡単に、馬券になる馬を知りたい!そんな競馬ファンに朗報です。

今年の重賞で馬券になった198頭のうち120頭(61%)を推奨!

■オークス(G1)
・ウインマリリン(7人気2着)
■日本ダービー(G1)
・ヴェルトライゼンデ(10人気3着)

人気馬だけではありません。人気薄もバッチリ!

元調教師が教える『 馬券候補は、この5頭! 』

今週は、CBC賞(G3)&ラジオNIKKEI賞(G3)の馬券候補5頭が無料で見れる!

重賞の馬券候補5頭は・・
━━━━━━━━━━━━

 ここをタップして入手 

━━━━━━━━━━━━
できます。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
Be The Winner とは?

GIを2勝した元調教師・平井雄二が重賞戦略アドバイザーとして監修。調教師時代に培った相馬眼を武器に、馬券の勝ち組を目指す競馬ファンの皆様に馬券で勝てる馬を教えます!毎週木曜に公開いたします。
平井 雄二

元調教師・生涯成績255勝

主な管理馬
・サクラスターオー(皐月賞・菊花賞・弥生賞)
・サチノスイーティー(アイビスサマーダッシュ)

1969年 騎手免許取得
1985年 騎手を引退
1985年 調教師免許取得
1987年 サクラスターオーで2冠達成
    重賞獲得調教師賞を受賞
2006年 サチノスイーティーでアイビスサマーダッシュを制覇
2011年 調教師を勇退

調教師時代に培った確かな“眼”を武器に馬券になる馬を見抜く“技”は圧巻の一言。

人気に関係なく“馬券で勝てる馬”を探求する姿勢は競馬ファンの強い信頼を得ている。

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧