日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2020年1月16日]

賞金加算の大チャンス


土曜中山9R
菜の花賞
エンジェルサークル
条件好転で反撃必至
鋭い決め手を誇るエンジェルサークルの差し切りに期待する。前走のサウジアラビアRCは発馬で後手に回り、位置取りを悪くしたのが痛かった。しかもレースは、後に朝日杯FSを制するサリオスが先行してレコードで快勝。

さすがにこの展開では厳しかったが、それでも3F33秒7の速い脚を使って5着と力は示した。中川師も「終いは確実に切れる脚が使える馬。牝馬限定の自己条件で改めて期待したい」と巻き返しに意欲満々。条件好転で反撃は必至だ。



土曜中山11R
ニューイヤーS
アルーシャ
まだまだ底見せず
前走の信越Sを勝ってオープンでも通用の力を示したアルーシャでもう一丁。その前走はハナ差の辛勝だったが、津曲助手は「抜け出してから遊んでいたように、着差以上に余裕があった」と、まだまだ全力ではないと言わんばかり。

これまで10戦して掲示板を外したのは、大外枠で前に壁を作れず折り合いを欠いた2走前の谷川岳S(11着)の1度だけ。津曲助手も「競馬が上手だし、まだ底を見せていない。今回も楽しみです」と期待十分。オープン特別なら連勝濃厚だ。




[PR]馬券のプロが推奨【東海S】穴馬3頭はこれだ!!



日曜中山9R
初富士S
レッドイグニス
8ヶ月ぶりでも狙える
骨折明けで8ヶ月ぶりの出走となるレッドイグニス。早めに牧場から戻して熱心に乗り込まれ、鹿戸雄師も「仕上がりは上々。気の良い馬なので、久々は苦にしない。初戦から力は出せるはず」とデキに合格点。

今回はハンデ57キロとあって「少し見込まれた気もする」と鹿戸雄師はボヤきつつも「現級にはメドは立っているし勝ち負けを期待したい」とキッパリ、休養前に3,2着とクラス卒業には王手を懸けており、この斤量こそが実力の証。これはイキナリから注目。



日曜中山10R
ジャニュアリーS
レッドアネラ
賞金加算の大チャンス
オープンへ昇級した前走のG3・カペラSで4着と健闘したレッドアネラでイケる。その前半は前半3ハロンが32秒9、4ハロンが44秒5という超ハイペースを果敢に先行し、渋太く踏みとどまる好内容

ここに来ての充実ぶりが目覚ましく、加藤征師も「オープン特別のメンバーなら当然チャンス」と大きな期待を寄せている。ダートは収得賞金の高い馬が多く、今後のためにも賞金を上乗せしたいところ。乗り替わるルメール騎手も1戦1勝と手の内に入れており、ここは賞金加算の大チャンス。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧