境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)


AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


日曜・東京11R エプソムカップ(GⅢ)(芝1800m)

sakai

エプソムCダンチヒ系を狙いたいレース。

sakai


昨年は2頭しか該当馬がいない中、7人気のサラキアが2着と連対を確保したダンチヒ系保持・内包馬(後述する通り、例年とは異質の流れだったので、多少“たまたま”感はありますが)。
一昨年は勝ち馬サトノアーサーが母父にダンチヒ系リダウツチョイスを保持。
16年は、父リダウツチョイスのフルーキーと母父ポリッシュプレセデントのマイネルミラノが2、3着に同時好走。
14年には、2人気1着ディサイファ(母母父ダンチヒ)、4人気2着マイネルラクリマ(父チーフベアハート)、8人気3着ダークシャドウ(母母父ダンチヒ)と、同系統保持・内包馬で1~3着を独占。

道悪だった昨年は超スローの瞬発力比べになったエプソムCですが、非根幹距離の1800らしく、後半4ハロンの持続力比べがデフォルトの流れ。
そこで、持続力勝負に強いダンチヒ系の持ち味が活きるという構図が生まれます。

今年もダンチヒ系保持・内包馬を重視。候補馬は……

④サトノアーサー
(母父リダウツチョイス)

⑦サラキア
(母母父タイガーヒル)

⑫シャドウディーヴァ
(母父ダンシリ)

⑫シャドウディーヴァは、母父にダンチヒ系ダンシリを持ち血統テーマをクリアする存在。

2走前は右回り、前走は内前有利の馬場で4角後方の時点でゲームセットと、ともに敗因明白だと思いますが、東京新聞杯2着があるとはいえ、本質的にマイルは少し距離が忙しい印象も。

引き続き左回り、距離延長も歓迎とくれば巻き返しは濃厚と見ています。



sakai

東京10R
三浦特別(ダ1300m)
⑬プタハ

この春開催を通じて、東京ダートを席巻しているヘニーヒューズ。

ここダ1300も得意コースのひとつで、過去2年の成績は【4-5-3-17/29】勝率13.8%、連対率31.0%、複勝率41.4%のハイアベレージをマークしています。
さらに、馬券的な狙い目になるのが、距離短縮ローテでの出走。上記成績のうち、距離短縮時は【2-1-2-3/8】勝率25.0%、連対率37.5%、複勝率62.5%と、さらに精度が上がるのです。

東京ダ1300で狙える、距離短縮のヘニーヒューズ。このレースでは⑬プタハが該当。

外目をスムーズに回る形が理想の馬で、引き続き外枠を引けたことは大きな材料。血統的に距離短縮も歓迎ですから、前走以上の結果が期待できるというわけです。


Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧