境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)


AM1422kHz・ラジオ日本【日曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(13時頃より放送予定)


お友だち追加はコチラ


東京11R ユニコーンステークス(GⅢ)(ダ1600m)

sakai

ユニコーンステークスは、フレンチデピュティ~クロフネのラインに代表されるヴァイスリージェント系と、ニジンスキー系に注目。

sakai

昨年は該当馬が総崩れになったものの、内包馬まで含めれば近10年で実にコンスタントな活躍を見せているヴァイスリージェント系。

一昨年は2着グレートタイムが母系の底に同系統を内包。その他、16年の勝ち馬ゴールドドリームは母父がフレンチデピュティでしたし、15年9人気2着ノボバカラ、13年8人気3着サウンドトゥルーや12年8人気3着タイセイシュバリエなど、人気薄で激走した馬も、ヴァイスリージェント系を保持していました。

sakai

3歳ダート路線のトップクラスが集うレースということで、単調なスピードだけでは乗り切れず、一定以上のスタミナと底力が求められるのがユニコーンステークスの特徴。
1600以上の距離に実績を持つ馬の好走が多いことも、そのスタミナと底力の有効性を示す要素になりますが、血統的には欧州血統の活躍も目立ちます。
昨年2着のデュープロセスは、母父がサドラーズウェルズ系ニューアプローチでしたし、18年7人気3着エングローサーは母母父にサドラーズウェルズの血を内包していました。そして、過去の傾向から最も有用性が高いと考えられるのが、ニジンスキー系

父か母父にニジンスキーの血を持っている保持馬、父母父、母母父に同系統を内包している馬のみならず、いわゆるニジンスキー系サンデーの名前も見受けられます。

ヴァイスリージェント系とニジンスキー系絡みを重視したいユニコーンS。候補馬は……

③ラブリーエンジェル
(父母父デピュティミニスター)

④アポロアベリア
(母父グランドオペラ)

⑤レッチェバロック
(母母父デピュティミニスター)

⑦サンライズホープ
(母父スペシャルウィーク)

⑨メイショウベンガル
(父クロフネ)

⑬タガノビューティー
(母父スペシャルウィーク)

⑦サンライズホープは、母父がニジンスキー系サンデーのスペシャルウィーク。

デビュー戦では後のOP勝ち馬ミヤジコクオウを退けており、体が絞れた前走で復活の勝利。ハイラップからスタミナが問われる流れになれば浮上の余地アリです。



sakai

東京10R
多摩川S(芝1400m)
①レッドイグニス

東京芝1400の特注血統のひとつが、ハーツクライ。

過去2年の成績は【7-6-9-24/46】勝率15.2%、連対率28.3%、複勝率47.8%のハイアベレージ(先週終了時点)。今開催も、ロジアイリッシュが5人気1着とシッカリ結果を出しています。

その東京芝1400のハーツクライ。①レッドイグニスが狙い目。

前走も同じ東京芝1400を使って4着。惜しくも馬券にはなりませんでしたが、当時の東京芝は差し馬向きで、先行馬最先着なら評価は下がらず。血統通りのコース適性を認めることができる競馬でした。

乾きかけの馬場、Dコース替わり初週なら最内枠も大歓迎。ちなみに、田辺騎手は東京芝1400の最内枠が大得意で、過去2年【4-4-1-1/10】勝率40.0%、連対率80.0%、複勝率90.0%をマーク! 
まだ人気の盲点で買えるうちに仕留めておきたい1頭です。

土曜版にて、函館スプリントSの狙い馬を公開中ですので、ぜひアクセスしてみて下さい!

函館スプリントSの予想はコチラ⇒



Follow me
待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!
『単複進化論!』の購入はコチラ

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加
一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧