佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第1080球]

【安達太良S】連軸として信頼

安達太良Sと言えば、今から10年前、2010年のレースをアドマイヤマジンで制した思い出のレースです。勝利に導いてくれた田辺騎手は、当時、松田博先生から多くの依頼をもらっていたジョッキーで、松田博厩舎の馬での勝ち星をきっかけに飛躍していったのを覚えています。

今年は、デビュー以来、9戦して一度も馬券圏内を外していないエクリリストワールから入りたいと思います。体質の問題もあるかもしれませんが、しっかり間隔を取りながら大事に使ってきたこともこの馬の安定感に繋がっているのではないでしょうか。

福島での実績もあり、戸崎騎手との相性も◎。昇級の前走も3着とクラスにメドを立てており、勝ち馬は既にOP勝ち、2着馬も3勝クラスを勝ち上がっています。相手関係を考えても連軸として信頼して良さそうです。

馬券は①エクリリストワールからの3連複。⑥ブランクエンド⑬ヴァイトブリック⑤ハヤブサレジェンド⑦グランデストラーダ⑫ヴィーヴァバッカス⑧ジェミニズ⑩フラワーストリームが相手候補です。

【参考買い目】
●3連複フォーメーション(11点)
[1頭目]1
[2頭目]6.13
[3頭目]6.13.5.7.12.8.10


JRA現役馬主でGⅠ5勝オーナー【佐々木主浩・大リーグボール22号】はレース当日10時頃公開!
次回の更新を楽しみにお待ちください!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧