田中充興の人気馬格付けチェック

5月10日(日) 東京11R

NHKマイルC(GⅠ) 芝1600m

次ナル穴馬をマークしろ!大人気企画『Raceレート』が帰ってきた!

●上位人気馬格付けチェック
馬番馬名 能力 上昇度 馬券妙味
タイセイビジョンACB
レシステンシアABB
プリンスリターンBAA
サトノインプレッサBBB

※各付けチェックの表記について
上位人気馬を[絶対能力]-[上昇度]-[馬券妙味]の各項目についてABCの3段階で評価しています。

●田中充興の見解
今回の上位人気馬は不安点が多い。タイセイビジョンは前走休養明けであれだけ走ってしまうとさすがにダメージが残ってしまいそうだし、展開にも恵まれた。レシステンシアは今回のメンバーでは指数1位の存在だが、桜花賞ではかなりタフな競馬をして、ある程度は能力を出している。疲れが残る可能性はある。また変に脚を溜めるとキレ負けする可能性がある。おそらく逃げるのでそのあたりは大丈夫かなと思うが。ルフトシュトロームは前走展開に恵まれた、底を見せていない点は評価できるが、今の東京は内、前が有利になりやすい点もどうか。サトノインプレッサも外を回って直線一気の競馬をするしかないのだろう、この手の馬は変に前に行くとキレる脚が使えない、よって開き直る競馬をするしかない。

今回の本命はプリンスリターン。朝日杯FSでは直線入り口で不利がありながら5着、シンザン記念では勝ち馬よりもワンテンポ早く動いての2着は高い評価ができる。前走のアーリントンCは馬場状態もあり、実質かなりのオーバーペース。あのペースで早め先頭からの3着だった内容は異様に強かった。昨日の京都6レースではアーリントンCで先行して8着だったチュウワノキセキがレコードタイムで圧勝、逃げバテで大敗していたノルカソルカも3着、一方アーリントンCで差し競馬だった馬たちは馬群に沈んだことからもアーリントンCがオーバーペースだったことは明らかだ。プリンスリターンの前走は確かにあそこまで強い内容だと逆になんであんなに厳しい展開で粘れたんだろうと不安もないわけではないが、今回は枠順も最高のところに入った。前に目標がいる展開も楽だろう。ここで一気に能力開化の軌道に入ったと言うストーリーに賭けてみる。

●最終結論
プリンスリターン
レシステンシア
ハーモニーマゼラン
ギルデッドミラー
ルフトシュトローム

●穴の馬連 卍固め
3 - 4(40%)
4 - 10(20%)
4 - 6(20%)
4 - 14(20%)

●3連単
[軸]4 [相手]3.6.10.14(◎1頭軸マルチ 36点)


リアルに馬券で喰う男から学び、稼ぎ、遊べ!
田中充興氏が無料ブログで『馬券の術』や『マル秘穴馬』をコソッと教えます。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
田中充興

1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。

芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。

現在は、馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。

一覧へ

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧